kotorioさんのきれいなモノ探し

パリのファッション、ライフスタイルをつぶやきます

メーガン妃の「ウェディング・メイクアップ術」を学ぼう!

175年ぶりに誕生したサセックス公爵夫人、メーガンさん。

f:id:kotorio:20180524164028j:plain

シンプルで清楚、プリンセスにふさわしいエレガンスあふれるメイクを学びましょう。

15万人以上ものロイヤルファンが世界中から駆けつけ、天も味方するかのように澄み切った青空のもと執り行われた5月19日のロイヤル・ウェディング。

ゴスペル聖歌隊の登場など、これまでの英国王室のウェディングとは一線を画す異例づくしの演出も印象的でしたが、なんといってもミントグリーンの慎ましやかなスーツに身を包み、“プリンセス”となった娘の晴れ姿を目に式中ずっと涙していた、メーガン妃の母ドリータさんも話題になりましたね。

メーガンさんの当日のメイク、そばかすが見えるほどナチュラルなベースメイクに、ほんのりグロッシーなリップ、ミニマルなアイメイクなど、直前まで本人自らが手掛けると噂されていただけに、とってもシンプル。

f:id:kotorio:20180524163626j:plain

噂のパレット。ディオール バックステージ コントゥール パレット ¥4,600(7月6日発売・5月26日〜28日に公式オンラインブティックにて世界先行発売)

 

このメイクを担当したのは、メーガン妃の友人でもあるメイクアップ・アーティストのダニエル・マーティンさん。黄みや赤み、陰影を華麗に操作した大人術を披露。

ただシンプルに、シアーに仕上げたのではなく、しっかりとボリュームアップさせた漆黒のマスカラ使いがほどよくゴージャス。

f:id:kotorio:20180524163900j:plain

グラマーなカール、自然なボリュームアップが叶う、Kポリマー配合。マスカラ ディオールショウ アイコニック オーバーカール 090 ¥4,200

黒目を強調させるアイラインも美しいですね。

ジバンシィ」のシンプルなフォルムのドレスと、意外なほどミニマムなナチュラルメイクとの相乗効果で、メーガン妃のルックスのみならず内面までをも映しだしました。

ãmegan weddingãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ