kotorioさんのきれいなモノ探し

パリのファッション、ライフスタイルをつぶやきます

優雅なロンジンの時計が、バレリーナの手首で煌めく

スイスの名門ウオッチ「ロンジン サンフォネット」をまとう、

ボストンバレエ団プリンシパルの倉永美沙さん。1711xx-watch-longines-01.jpg

ーーーーーエレガンスと伝統、パフォーマンスを身につけーーー

1832年に創業したロンジンは、スイスでも名門で、色々なエピソードを持っています。

リンドバーグが世界初の大西洋単独無着陸飛行を成し遂げた時には、

その所要時間を計測。また飛行中の経度がわかる「アワーアングルウォッチ」も

共同開発し、航空時計の傑作として高く評価されています。

1711xx-watch-longines-03.jpg

そんなロンジンは「エレガンス・伝統・パフォーマンス」をテーマに、

豊富なアーカイブから歴史的な名作を現代にリファインしてきました。

レディスでは角型の「ロンジン ドルチェビータ」やオーバル型の「ロンジン サンフォネット」などクラシカルで優雅なケースフォルム。

古きよき時代を想起させるデザインが充実しており、手が届きやすい価格帯を貫いてきたことも注目すべき点ですね。

1711xx-watch-longines-model.jpg

【kotorioからのひとこと】

エレガントで優雅な女性の手首にぴったりのロンジンの時計。

倉永さんは、2003年に北米の名門ボストン・バレエ入団。2007年にソリスト

2009年にアジア人初のプリンシパルに昇格した方です。